代表印の存在

  • RSS

自分が会社を設立したいと思ったらどう行動しますか?
私は、専門家の人に頼んで手続きをしてもらった方がいいと思っていますが、頼んでやって貰うとそれなりにお金はかかりますが、自分がほとんど何もしなくていいので楽です。
先月、同期の人が脱サラをして事業を起こすと言っていました。
事業の話しはどんどん進んでいるらしく、今年中に会社は辞めると言っていました。
この時期に事業するなんて凄いなと私は感心するばかりです。
ピンチをチャンスと見るか見ないかの違いだとは思いますが、今の私にはできないことです。
同期は独り身ですから、万が一失敗しても大丈夫です。
守るものがない分、思いっきりできると思います。

同期は、念願の事業に当たって初めて知ったことがあるそうです。
それは代表印の存在です。代表印を知ることは知っていましたが、今まで実物を見たことが無かったそうです。
今回、初めて自分の代表印を作って出来上がった印鑑を手に取ってみた時は、感動しました。
これが代表印かと思ってマジマジと見て、これから頑張ろうと思ったそうです。
代表印を知ることで、少し自分が成長した気がすると言っていました。
残り少ない、サラリーマン生活を悔いのないように過ごすと同期は言って今日も元気に働いています。
私も、同期に負けないよういろいろと頑張りたいと思いました。
同期は、代表印の印材を大奮発して象牙で作ったそうです。
私には絶対に真似が出来ない事を彼は普通にやっています。本当に凄い奴ですよ。
今頃になって、同期を凄く尊敬します。もっと一緒に仕事をしたかったですね。

このページの先頭へ